社会福祉法人 静岡市社会福祉協議会

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 標準
  • 大
TEL:054-254-5213(月~金08:30~17:15) メールお問合せ

車いす外出支援

~車いす外出支援~

1)車いす用リフト付・スロープ付車両の貸出し

リフト付・スロープ付車両操作講習会の様子

市内に在住する高齢や障がいなどで車いすを利用する方の移動のサポートをするため、車いす用リフト付・スロープ付車両の貸出しを行っています。
通院やレジャーなど、様々な目的で利用されています。

2)「車いす用リフト付・スロープ付車両」とは

乗用車に電動のリフトやスロープが付いていて、車いすに乗ったまま乗車が出来るものです。
ストレッチャー付の車もあります。運転者は普通自動車免許を持っていればOKです。
リフトやスロープの操作は、女性の方でもできます。
(初めて運転される方は、事前に30分程度の講習を受けていただきます。詳しくはお問い合せください。)

利用できる方

市内に在住する方で高齢や障がいなどの理由で車いすを利用する者など

利用料

無料
※ただし、利用者にガソリン代を負担していただきます。

お申込み方法

利用したい方は、清水区地域福祉推進センターへ申込下さい。3ヵ月前より電話で予約できます。
※車は使いたいけれど、家族や知り合いに運転手がいない時は、ご相談ください。
運転ボランティアの調整をさせていただきます。

貸出し関係書類

3)主な車両

新そよかぜ号(キャラバン)

定員/最大10名(車イス2台もしくはストレッチャー1台を含む)
特徴/リフト付。リクライニング車いすも乗車が可能。車と車いすの固定がワンタッチでできる。

そよかぜ1号(ワゴンR)、そよかぜ2号(スペーシア)

定員/最大3名(車いす1台を含む)
特徴/スロープ付

4)運転ボランティア「そよかぜの会」

運転者の確保が難しい利用者の代わりに、自宅から目的地までの運転をサポートします。
(ただし、車いすの乗り降り、病院内の付き添いなどを除く)
初めて運転ボランティアを利用される場合は、事前にご自宅に伺い状況調査をさせていただきます。

活動していただけるボランティアも大募集!

運転が好きな方、運転を通して様々な方の外出支援を応援したい方、ボランティアとして活動してみませんか?
運転ボランティア「そよかぜの会」は現在26名の会員で活動しています。
関心のある方は、一度清水区地域福祉推進センターまでお問い合わせください。

5)お申込み・お問い合わせ

清水区地域福祉推進センター

〒424-0807
静岡市清水区宮代町1番1号
TEL.054-371-0292 / FAX.054-367-2460
Eメール:shimizu@shizuoka-shakyo.or.jp