服織小学校のみなさん、ありがとうございました【エコキャップ収集】

服織小学校全校生徒(約1000人)の皆さんが、集めたペットボトルキャップを寄付してくださいました。数は45ℓの袋に約30袋。

環境委員会活動の一環で、全校生徒へ2年間を通じ声かけを行ってくれたそうです。

回収したものをまとめたり、汚れているものを選別するこに苦労したそうです。

今回頂いたキャップについては、「世界のこどもワクチンを日本委員会」へ寄付させて頂きます。ペットボトルキャップはりサイクル資源として売られ、その売却益が「世界の子どもワクチンを日本委員会」へ寄付されます。そしてその寄付でワクチンを購入し、UNICEF(ユニセフ)との連携で世界の子どもたちに送られます。

※ペットボトルキャップは約2キロ(約860個)で、ポリオワクチン1人分相当の20円になります

皆さん一人一人のちょっとした取り組みが、世界の子どもたちを救うことに繋がります。今後とも、活動へのご理解とご協力をお願いいたします。

 服織小学校の生徒の皆様、本当にありがとうございました!


井宮小学校のみなさん、ありがとうございました【エコキャップ収集】

井宮小学校全校生徒(484人)の皆さんが、集めたペットボトルキャップを寄付してくださいました。
数は45ℓの袋に約32袋。

ボランティア委員会が中心となり、全校生徒へ1年間を通じ声かけを行ってくれたそうです。

今回頂いたキャップについては、「世界のこどもワクチンを日本委員会」へ寄付させて頂きます。ペットボトルキャップはりサイクル資源として売られ、その売却益が「世界の子どもワクチンを日本委員会」へ寄付されます。そしてその寄付でワクチンを購入し、UNICEF(ユニセフ)との連携で世界の子どもたちに送られます。

※ペットボトルキャップは約2キロ(約860個)で、ポリオワクチン1人分相当の20円になります

皆さん一人一人のちょっとした取り組みが、世界の子どもたちを救うことに繋がります。
今後とも、活動へのご理解とご協力をお願いいたします。

 井宮小学校の生徒の皆様、本当にありがとうございました!


葵小学校のみなさん、ありがとうございました【エコキャップ収集】

静岡市立葵小学校全校児童(約600名)の皆様がペットボトルキャップを45ℓの袋、11袋集めてくださり、学校を代表して児童会12名・先生2名が城東福祉エリア内、地域福祉交流プラザへお持ちいただきました(平成30年2月26日)。

葵小学校内2箇所に、回収BOXを設置し、1年かけて集めていただいたそうです。

今回頂いたキャップについては、世界のこどもワクチンを日本委員会へ寄付させて頂きます。今後とも、活動へのご理解とご協力をお願いいたします。


地域福祉交流プラザで桜の花が咲きました。

S型デイサービス「建穂いなほ会」(服織地区社会福祉推進協議会)の参加者とボランティアスタッフの皆さん約50名が、桜の木をモチーフにした「折り鶴の貼り絵」を製作されました。この作品は、介護予防も兼ねて全員で作品を作り上げるという目的で、ひとりひとりが鶴を折り、貼り付けて完成まで約3ヶ月。約7,000羽の折り鶴が見事な「桜」を咲かせています。斜め横から見ると、より立体的で素敵な作品になっています。

静岡市地域福祉交流プラザ・ボランティア交流室(静岡市城東保健福祉エリア複合棟1階)に展示していますので、是非ご来館の上ご鑑賞ください。

 

 

 

★市民の皆さんの作品も、城東保健福祉エリア内地域福祉交流プラザ交流室に展示してみませんか?

 お問い合わせは、葵区地域福祉推進センター(TEL 054-249-3183)まで。


美和小学校 生徒の皆様 ありがとうございました。

 

美和小学校全校生徒(82人)の皆さんが、集めたペットボトルキャップを寄付してくださいました。

数は45ℓの袋に約6袋になりました。

今回頂いたキャップについては、「世界のこどもワクチンを日本委員会」へ寄付させて頂きます。ペットボトルキャップはりサイクル資源として売られ、その売却益が「世界の子どもワクチンを日本委員会」へ寄付されます。そしてその寄付でワクチンを購入し、UNICEF(ユニセフ)との連携で世界の子どもたちに送られます。

※ペットボトルキャップは約2キロ(約860個)で、ポリオワクチン1人分相当の20円になります

皆さん一人一人のちょっとした取り組みが、世界の子どもたちを救うことに繋がります。今後とも、活動へのご理解とご協力をお願いいたします。

 美和小学校の生徒の皆様、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

また、美和小学校近くの安倍川堤防沿いでは、美和桜が満開となっていました。

静岡市遠藤新田の安倍川右岸土手沿いに107本の桜が植えられており、毎年2月下旬ごろからとても美しい姿を見せます。またそれに伴って桜祭りも行なわれます。春先に美和地区方面に出向かれた際には、ぜひお立ち寄り下さい♪ 

 


大成中学校、高校のみなさん、ありがとうございました【エコキャップ収集】

 2月17日(土)、大成中学校生徒会、大成高校厚生委員会の生徒(約800人)の皆さんが約4ヶ月間で集めたペットボトルキャップを、厚生委員の生徒さんと先生が城東福祉エリア内、交流プラザまで持って来てくださいました。数はおよそ10万個だそうです。           
 生徒会・厚生委員が中心になり、全クラスに家で出たキャップを持って来てもらうよう声掛けをしてくださいました。
 今回頂いたキャップについては、世界のこどもワクチンを日本委員会へ寄付させて頂きます。今後とも、活動へのご理解とご協力をお願いいたします。


大成高校のみなさん、ありがとうございました【エコキャップ収集】

 9月12日(火)、大成高校全校生徒(約500人)の皆さんが約1年間で集めたペットボトルキャップを、生徒会役員の生徒さんと先生が城東福祉エリア内、交流プラザまで持って来てくださいました。数は45ℓの袋に約16袋でした。
 生徒会・厚生委員36人が中心になり、学校の自販機にキャップとペットボトルを分けたブースを作ったり、クラス1つ1つにカゴを配って家で出たキャップを持って来てもらうよう声掛けをしてくださいました。
 今回頂いたキャップについては、世界のこどもワクチンを日本委員会へ寄付させて頂きます。今後とも、活動へのご理解とご協力をお願いいたします。


社会福祉法人明光会のみなさん、ありがとうございました。

静岡市葵区にて知的障害者支援施設を運営される「社会福祉法人明光会」の皆さんから、ペットボトルキャップを届けていただきました。同法人では、年間を通して、施設利用者の皆さんや職員の皆さんが協力して、ペットボトルキャップを集めていらっしゃるとのこと。時には、施設利用者のご家族さんからも、たくさんのキャップが届くこともあるそうです。

  

また、集められたキャップは、施設利用者さん達によって、丁寧に洗浄してから、静岡市社会福祉協議会にお持ちいただいたとのこと。飲料の汚れが一切ない、真っ白なキャップをいただくなど、お心遣いをいただきました。ありがとうございました。


北沼上小学校のみなさん、ありがとうございました【エコキャップ収集】

 12月20日(水)、静岡市立北沼上小学校全校児童及び地域の皆様からペットボトルキャップ、29,451個を集めてくださり、見城秀明校長先生が代表で城東福祉エリア内、交流プラザまで持って来てくださいました。
 地域の方々にも呼びかけるため、児童がチラシを作成し配布し、地域の方々からもご協力をいただきました。        
 今回頂いたキャップについては、世界のこどもワクチンを日本委員会へ寄付させて頂きます。今後とも、引き続き、活動へのご理解とご協力をお願いいたします。


静岡県立農業高校のみなさん、ありがとうございました【エコキャップ収集】

 12月20日(水)、静岡県立農業高校友愛委員会のクラス委員が呼びかけ、1年かけてペットボトルキャップを45ℓほどの袋で8袋集めてくださり、友愛委員会委員長の高田伊吹さんと友愛委員会副委員長の桑原瞬さんが代表で城東福祉エリア内、交流プラザまで持って来てくださいました。
 生徒会が中心となり、全校生徒(約720人)が協力してくださったそうです。          今回頂いたキャップについては、世界のこどもワクチンを日本委員会へ寄付させて頂きます。今後とも、引き続き、活動へのご理解とご協力をお願いいたします。