市民講座「~教えて!!子育て家庭の防災の備え~」を開催します。

地域の支え合いシンポジウムを開催します。

【内  容】~教えて‼子育て家庭の防災の備え~ 

       講師:あざれあ防災講師団 滝 和子氏

【日  時】2020年2月29日(土)13:30~15:00

【場  所】城東保健福祉エリア(葵区城東町24番1号)3階 第1・2研修室

【申込方法】2月3日(月)~2月25日(火)まで

      お電話またはチラシ裏面をFAXにてお申込みください。

【お問合せ】静岡市地域福祉交流プラザ 担当:大橋ひ、古屋

      TEL.054-249-3183/FAX.054-209-0128 

※詳細は、下記のチラシをご覧ください。

市民講座「教えて!!~子育て家庭の防災の備え~」チラシ


由比中学・由比小・由比北小の皆様ありがとう!

12月20日(金)由比事務所に、由比中生徒5名、由比小児童7名、由比北小児童3名の代表の皆様が、ペットボトルキャップと歳末助け合い募金を届けてくださいました。ありがとうございました。
松永センター長から、今回届けてくださったキャップは、リサイクル資源として売却し、その収益を「世界の子どもワクチン日本委員会」へ寄附させていただきます、とお話ししていただきました。
☆キャップは430個で10円になります。ポリオワクチンは1人分20円、皆様の行動が世界の子どもと地域の未来を造ります。


寄付をいただきました。

寄付者:真如苑 様

贈呈式:2019年12月24日(火)静岡市中央福祉センター

 

真如苑様は毎年12月に地域福祉推進のために、本会へ寄付していただいております。

2000年から続けられているこの寄付は、今回で総額510万円となりました。

いただいたご寄付は地域のために役立てていきたいと思います。

誠にありがとうございました。


静岡市立千代田小学校の皆様!ありがとうございました!

静岡市立千代田小学校 教頭の柴山 嘉久 先生がペットボトルキャップを持ってきて下さいました。

ありがとうございました。

柴山先生から「千代田小学校では、児童会活動でペットボトルキャップを回収しています。全校児童が自宅から持ってきて、環境委員会が集約しています。今回は9月からの4ヶ月で、45L袋に21袋分、回収できました。」とお話いただきました。

今回頂いたキャップについては、リサイクル資源として売られ、その売却益が「世界のこどもワクチンを日本委員会」へ寄付させていただきます。今後とも活動へのご理解とご協力をお願いいたします。

☆キャップは430個で10円になります。ポリオワクチンは1人分20円。皆様の行動が世界の  子どもと地球の未来を創ります☆


静岡県立静岡農業高等学校の皆様!ありがとうございました!

静岡県立静岡農業高等学校 友愛委員会の委員長 小笠原 梨乙さんが、ペットボトルキャップを持ってきて下さいました。

ありがとうございました!

専用のボックスを設置し、全校生徒の皆さんに呼びかけ、1年で45L×7袋を集めてくださいました。

小笠原さんは、エコキャップ回収が浸透していたので、回収に問題はありませんでした。ワクチンに役立ててもらえたらうれしいです!とおっしゃっていました。

 

今回頂いたキャップについては、リサイクル資源として売られ、その売却益が「世界のこどもワクチンを日本委員会」へ寄付させていただきます。今後とも活動へのご理解とご協力をお願いいたします。

☆キャップは430個で10円になります。ポリオワクチンは1人分20円。皆様の行動が世界の  子どもと地球の未来を創ります☆


寄付をいただきました。

寄付者:静岡県中小企業家同友会障がい者問題委員会 様
贈呈式:2019年12月18日(木)静岡市中央福祉センター

静岡県中小企業家同友会障がい者問題委員会 様は、毎年12月に開催される福祉啓発イベント「いのちポカポカ 街かどクリスマス」に出店され、バザーの売上金を本会に寄付していただいております。
今年度も会員経営者企業のご厚意によって集まったバザー商品の売上金を、社会福祉に役立てるため、本会に寄託いただきました。
誠にありがとうございました。


静岡市地域福祉共生センターみなくる市民講座「おでんジャーにおしえてもらおう!~知的・発達障がいのある人たちの気持ちや感じ方~」を開催しました(報告)

(11月27日(水) 28名参加)

 「静岡キャラバン隊 しずおか♡おでんジャー」とは、知的・発達障がいのある人たちへの理解や支援方法などの啓発を行うために結成された、静岡市静岡手をつなぐ育成会内のグループです。

 当事者の家族や支援者等で結成されたしずおか♡おでんジャーのみなさんを講師にお招きし、講義・寸劇・体験・朗読鑑賞等多彩なプログラムで、知的・発達障がいのある方たちの日常とその支援のポイント等を、笑いあり、涙ありで楽しくご講義いただきました。

 参加者の方からは「身近で接したことがなく、実際に障がいのある方がどんなことで困っているのか、どんな気持ちになったのか理解できた」や、「いつもの生活の中のちょっとした言葉づかいへの配慮で、障がいのある方との交わりに大きな変化が生まれることを学びました」等の感想が聞かれました。

 定員を超えた参加者数や、参加者の感想から世の中の「知的・発達障がい」という言葉や概念への関心の高さの一端がうかがえました。

 ちょっとした気遣いや特性を理解することで、障がいのある人もない人もお互い気持ちよく生活ができるということを、実感できる講座となりました。


(株)三井住友海上火災保険の皆さま、ありがとうございました!

11月27日 (株)三井住友海上火災保険の皆さまが、 ペットボトルキャップを4袋分持ってきてくださいました。ありがとうございました!

今回頂いたキャップについては、リサイクル資源として売却し、その収益を「世界のこどもワクチンを日本委員会」へ寄付させていただきます。今後とも活動へのご理解とご協力をお願いいたします。

☆キャップは430個で10円になります。ポリオワクチンは1人分20円。皆様の行動が世界の  子どもと地球の未来を創ります☆


2019年宮地三千代・展江特別基金助成金の贈呈式を開催しました。

2019年11月18日(月)

静岡市中央福祉センターにて、2019年度宮地三千代・展江特別基金助成金の贈呈式を開催しました。

 

 この特別基金助成金は、宮地三千代様・展江様から平成9年にいただいた多額の寄付金を積み立て、ご姉妹の「市民の健康・生きがいづくりのために」、「児童福祉の向上のために」というご遺志に基づき基金として運用させていただき、この助成事業を行っています。

 今年度は、3団体に助成を行いました。

 

社会福祉法人 花園会

Comuoon mobile Lite type SG

みろくふれあいサロン

液晶テレビ、ブルーレイプレーヤー、ケーブル

社会福祉法人 慈照会

特別養護老人ホーム浜石の郷

ヤマトヒューマン リカンベントバイク、マルチホームトレーナー

 

 


2019年度あいネットグループ寄付金助成金贈呈式を開催しました

 

 

2019年11月18日(月)静岡市中央福祉センターにて、2019年度あいネットグループ寄付金助成金 贈呈式を開催しました。

 

あいネットグループ寄付金助成事業は、あいネットグループ前会長の故杉山茂様から、昭和52年から平成20年まで、その後、平成21年からご子息で現会長の杉山雄吉郎様が、平成26年度からは「あいネットグループ」として、「子育て支援事業及び障害者福祉事業のために」という趣旨で、毎年いただく寄付金を財源としております。本年度の助成事業では、9つの団体が助成を受けました。

 

団体名

備品名

静岡市難病障害者協議会

プリンターA4インクジェット複合機

社会福祉法人静岡手をつなぐ育成の会

ラポール・タスカ ぽけっと

縦型冷蔵ショーケース

特定非営利活動法人 ぴゅあ

プロジェクター

特定非営利活動法人 かかがき

歩・歩ギャラリーココ

テープディスペンサー

音訳ボランティアふれんど

パソコン

社会福祉法人静岡手をつなぐ育成の会

ラポールみなみ

モノカラープリンターM(Tシャツプリンター)

地域活動支援センター 静岡光の家LASC

点字タイプライター

特定非営利活動法人 ゆうゆう舎

コックコート、エプロン、帽子

社会福祉法人 静岡市しみず社会福祉事業団静岡市清水うしおワーク

引違書庫(スチール戸)、ベース