社協のブログ > 清水区 > コロナ禍で地域の方々の困りごとを尋ねる  ~在宅高齢者の生活アンケートを実施~

コロナ禍で地域の方々の困りごとを尋ねる  ~在宅高齢者の生活アンケートを実施~

 清水区の岡地区社会福祉協議会では、平成30年4月より生活のちょっとした困りごと支援活動「岡福祉支え合いの会」に取り組んでいます。利用者は82名、ボランティアが64名、ゴミ出し・声かけ・草取りなど年間約2,000件の支援活動をしています(2020年7月現在)

この度の新型コロナウイルス感染症の発生により、「岡福祉支え合いの会」も感染防止のためにゴミ出し等を除く一部の活動は停止をしてきました。

 2020年7月、コロナ禍で生活が一変し5カ月が経過した中で、‟高齢者の皆さんは新たな困りごとがあるのではないか?″と、利用者向けにアンケート調査を実施しました。

 47名の方から回答を頂き、日頃の支援への多くの感謝の声と共に生活実態が伺える内容でした。「日に一度も外出しない」と答えた方が25.5%。また、半数の方は「体調の変化を感じている」と回答。「心の落ち込みを感じている」と回答した方も46.8%いるという結果でした。

岡地区社会福祉協議会では、ご回答頂いた貴重なご意見をもとに、今後の地域福祉活動のあり方を考えていこうという計画です。