社協のブログ > 未分類

2019年度あいネットグループ寄付金助成金贈呈式を開催しました

 

 

2019年11月18日(月)静岡市中央福祉センターにて、2019年度あいネットグループ寄付金助成金 贈呈式を開催しました。

 

あいネットグループ寄付金助成事業は、あいネットグループ前会長の故杉山茂様から、昭和52年から平成20年まで、その後、平成21年からご子息で現会長の杉山雄吉郎様が、平成26年度からは「あいネットグループ」として、「子育て支援事業及び障害者福祉事業のために」という趣旨で、毎年いただく寄付金を財源としております。本年度の助成事業では、9つの団体が助成を受けました。

 

団体名

備品名

静岡市難病障害者協議会

プリンターA4インクジェット複合機

社会福祉法人静岡手をつなぐ育成の会

ラポール・タスカ ぽけっと

縦型冷蔵ショーケース

特定非営利活動法人 ぴゅあ

プロジェクター

特定非営利活動法人 かかがき

歩・歩ギャラリーココ

テープディスペンサー

音訳ボランティアふれんど

パソコン

社会福祉法人静岡手をつなぐ育成の会

ラポールみなみ

モノカラープリンターM(Tシャツプリンター)

地域活動支援センター 静岡光の家LASC

点字タイプライター

特定非営利活動法人 ゆうゆう舎

コックコート、エプロン、帽子

社会福祉法人 静岡市しみず社会福祉事業団静岡市清水うしおワーク

引違書庫(スチール戸)、ベース

 


静岡市立城北小学校PTAの皆様!ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

11月13日 静岡市立城北小学校、環境教育委員会 委員長の西村様が、 ペットボトルキャップを持ってきてくださいました。ありがとうございました!2018年11月から2019年11月までの1年間で45L×20袋を集めてくださいました(小学校1Fにある回収BOX・年2回のPTA祭りで回収)。 西村さまは、小さな積み重ねで人を救う手助けになっていることに感動しました!とおっしゃっていました。

今回頂いたキャップについては、リサイクル資源として売られ、その売却益が「世界のこどもワクチンを日本委員会」へ寄付させていただきます。今後とも活動へのご理解とご協力をお願いいたします。

☆キャップは430個で10円になります。ポリオワクチンは1人分20円。皆様の行動が世界の  子どもと地球の未来を創ります☆


ボランティア情報についてのお知らせ

 

【募集施設】    まごころの家 馬渕

【住所】 静岡市駿河区馬渕4-4-20

【連絡先】     054-266-4008   FAX 054-266-4118

【E-Mail】   t-shoji@infic.net

【活動内容】  話相手・傾聴・お茶出し・レクレーション等の補助

【対象者】   どなたでも

【募集期間・時間】  12月~。 AM7:00~PM8:00(1時間でも可)

【集合場所】  スラージュ馬渕 1F

 

   ☆昼食補助あり☆ 

 

 

 


第40回静岡ふれあい広場の中止について

2019年9月8日(日)9:30から青葉シンボルロードにて実施を予定しておりました「第40回静岡ふれあい広場」は、台風15号の発生に伴う天候不良が予測されることから、安全面を考慮し誠に残念ですが中止とさせていただきます。

 来場を予定されていた市民の皆様、出展団体の皆様におかれましては、直前でのお知らせとなってしまったことをお詫び申し上げます。

 今後も福祉啓発に関する諸事業にご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

第40回静岡ふれあい広場実行委員会

実行委員長 東山喬彦


第40回静岡ふれあい広場開催について(第一報)

8日(日)に予定されている「第40回 静岡ふれあい広場」は、
現時点では、予定通り開催する方向で準備を進めております。

なお、2報は7日(土)に発表いたしますので、
本ホームページをご確認ください。

【お問い合わせ】
静岡ふれあい広場 実行委員会 事務局
(静岡市社会福祉協議会 地域福祉推進課内)
TEL
054-254-6330

 


みなくる市民講座「わたしにもできるボランティア」を開催しました!

 

みなくる市民講座「わたしにもできるボランティア」を開催しました!

(7月30日(火) 8名参加)

 

 まず初めに、椅子取りゲームを模したアイスブレイクを行い、参加者同士の親交を深めつつ、ボランティアの心理に触れました。

 そして、ボランティア活動実践者から活動内容やきっかけなどをお話しくださり、ボランティアのイメージが膨らんだところで、「ボランティアとは」を説明しました。

 受講後には、参加者から相談を受け、関心を持った生活支援ボランティアへの繋ぎを行う事が出来ました!

 ボランティアは、自分の関心や時間、生活にあわせて参加できる、自由意志から始まる活動です。ボランティアに興味がありましたら、いつでもご連絡ください。

 

≪ご講話くださったボランティア活動実践者≫

 ・生活応援ボランティアするが 竹嶋さん

 ・S型デイサービスSフレンド有明 永田さん

 

≪参加者の声≫

 ・ボランティアに対する考えにとても共感した

 ・実践者が熱心に体験談を話され、興味深かった

 ・自分もボランティアをやれそうな気がする

 


清水区 清水第三中学校にて赤い羽根共同募金贈呈式が開催されました。

1月24日(木)清水第三中学校にて赤い羽根共同募金贈呈式が開催されました。
清水第三中学校では、限られた期間内でより多くの生徒に伝わるような工夫を考え、全校生徒への意識付けに力を入れていました。美術部がポスターを作成し校内へ掲示したり、昼休みの放送で協力を呼びかけたり、クラスへチラシを配布したりと様々な方法で学校内へ広がっていきました。

結果、12月10日(月)~14日(金)の1週間、生徒会の皆さんが朝の時間に正門に立って呼びかけを行い、22,865円という金額を募ることが出来ました。

贈呈式当日、生徒会長より募金をお預かりした後に、社協職員より赤い羽根共同募金の概要の説明し、また清水地区社協の隅倉会長からS型デイサービスや子育てトークの会といった、身近な福祉活動に赤い羽根共同募金が使われていることを説明頂きました。中学生にとって、自分たちが集めたお金が自分たちの町の中で使われていることを知ることが出来た良い機会になれたのではないかと思います。

清水第三中学校の皆さん、ご協力ありがとうございました。