社協のブログ > 駿河区

「コロナ禍でも子育てママとつながるために!」 地元企業、大学の協力を得て、駿河区子育てサロン実施会場連絡会を開催しました

7月16日(木)、みなくるにて「駿河区子育てサロン実施会場連絡会」を開催しました。

今年度は2部構成とし、第1部では実施会場間の情報情報交換、第2部にインスタグラムの講座を実施し、延べ26名の方に参加いただきました。

長く続くコロナ禍により、駿河区の子育てサロンの各会場は、時間を短縮して再開をしています。

再開後、参加されたママさんから「短時間でもこどもと安心して出かけるところが開いていてよかった」「ほとんど家族以外と話をしていないので再開が待ち遠しかった」などの声を、いただいているとのことです。

このような中、「再びサロンを開けられない状況になった時にも、子育てママたちの力になりたい」というボランティアの方々の声を受け、第2部では、非対面方式での子育てサロン実施を検討するにあたり有効なツールであると考える「インスタグラム」についての講座を行いました。

インスタグラムはイマドキの子育てママの良く使うSNS媒体ですが、個人でなく「団体」として使用する場合、気を付けなければならないことがいくつかあります。

これらのポイントを、携帯電話販売会社「静新SBSグループ@Sストア」の鈴木まりもさんにご講義いただきました。

続いて、実際にインスタグラムのアカウントに記事を投稿する体験を、常葉大学のSDGsサークルUTOPIAのみなさんにご指導いただきました。

データや図を用いた、@Sストア鈴木様からの明快な説明と、学生ボランティアのみなさまの丁寧なアプリケション操作フォローで、日頃SNSに触れない参加者からも、「わからなかったことがわかると嬉しい」「子育てサロンのインスタに挑戦してみます」との感想をいただきました。

日々の業務や授業等でお忙しい中、かわいらしく分かりやすい資料の作成から当日まで、ボランティアで関わってくださった地元企業や大学のみなさまのおかげで今回の研修会を開催することができました。

「コロナ禍でもつながりたい!」

子育てサロンボランティアのみなさま、研修講師のみなさまの温かな気持ちと努力で、コロナ禍に負けない活動を作っていかれるとステキですね。


駿河地区災害ボランティアセンター運営サポータースタッフ養成講座を開催しました

2021年6月26日(土)・2728名が参加し、「駿河地区災害ボランティアセンター運営サポータースタッフ養成講座」を開催しました。

1日目は、午前に駿河区地域総務課職員より「駿河区のハザードを知ろう!」、市民自治推進課職員より「静岡市の災害ボランティアに関する体制について」。午後からは講師の災害対応NPO MFP代表 松山 文紀氏による「災害ボランティアセンターの機能と目指すかたち」の講義を受け、基礎を学びました。

2日目は、災害ボランティアセンター運営の流れ、参加者同士で「困っていることを伝える」「災害ボランティアセンターで自分にできることを考える」グループワークを行い、災害時に自分たちにできることを学び合いました。

参加者の声
「自分事として考え、イメージできるようになることが大切であることが分かった」
「災害ボランティアセンターで自分にもできることがあることが分かった」

 

今回の講座は、高校生9名が参加してくれ非常に活気のある講座となりました。ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

高校生が「災害ボランティアセンターで自分にもできること」を披露してくれました


「新型コロナウイルスワクチン接種予約支援」実施中(主催:長田東社会福祉協議会)

 長田東社会福祉協議会では、6月14日(月)より「新型コロナウイルスワクチン接種予約支援」をスタートさせました。

 会場となるみずほ公民館には、連日、長田東社会福祉協議会役員や住民ボランティアを中心に、地域包括支援センター等の関係機関職員などが詰め、新型コロナウイルスワクチンの予約手続きを支援しています。

DSC_0086

 希望する医療機関への予約が難しい際には、特設集団接種会場をご案内するなどして、来所された方のご都合を伺いながら手続きを行います。手続き後、皆さん無事予約ができたことを安堵されて帰宅されます。

 614日から23日までの受付件数は390名超。支援をするスタッフは、延べ100名を超えています。予約手続き以外にも予約の仕組みや状況、手続きに必要となる持ち物などの問合せも多く今後も利用が予想されています。この活動は、来所者数や問い合わせ数などの状況に合わせながら継続していく予定です。


新型コロナウイルスワクチン接種予約研修会を開催しました!(主催:長田東社会福祉協議会)

6月8日、みずほ公民館にて、長田東社会福祉協議会(以下、「長田東社協」)が住民ボランティアや地域包括支援センター等の関係機関に呼びかけを行い、新型コロナウイルスワクチン接種の予約に関する研修会を開催しました。

この研修会は、長田東に住むワクチン接種の予約が自分ではできない高齢者の支援活動を行うボランティアを対象に活動に向けた準備会として行ったものです。長田東社協の役員が、ワクチン接種予約サイトの仕組みや具体的な手順などを実際の画面を交えてわかりやすく解説。また、実際に予約時に必要な持ち物など支援活動を想定した内容でした。

研修後、みずほ公民館で行っていく今後のワクチン接種予約支援の具体的な内容の説明を行い、出席者に支援活動の協力を呼びかけ、ワクチン接種予約再開に向けた準備を進められました。


第6回有東山こども食堂を開催しました

5月15日、快晴の空の下、有東山こども食堂運営委員会では、第6回となる「有東山こども食堂(会場:有東公民館ほか)」を開催しました。

参加者は地域に住む小学生など35名。13名のボランティアの皆さんが、有東山山頂の広場や、聖光寺敷地内の木陰などを利用して、ドッジボールや卓球、手作りおもちゃ(ビュンビュンゴマ、紙鉄砲、手裏剣)など趣向を凝らした遊びを用意。参加者は思い思いに楽しい時間を過ごしました。

活動後は、ボランティアの手作りカレーを持ち帰り、自宅でのお楽しみとなりました。コロナ禍の中で感染対策をした活動でしたが、大盛況でした。

 


「ささえあう気持ちの市民交流まつり コロナ禍バージョン」はーとぴあ清水で2月末まで開催中です

 例年2月に「はーとぴあ清水」で行っている「市民交流まつり」を、今年はコロナ禍バージョンの「ささえあう気持ちの市民交流まつり」と題して2月末まで開催していします。
 今回は団体の活動紹介パネルの展示に加え、新しい試みとしてステージや活動の様子を撮影した写真を使った映像の上映も行っています。
 来場された方からは「パネルの展示だけでも皆様の活動状況がわかり、良かった」「ゆっくり見る事が出来ましたが、早くコロナが終息して賑やかな交流まつりができると良い」と言った声が寄せられています。

コロナ禍でも活動を続けている団体の発表の場です。ぜひ足を運んでください。

※ご来館の際には必ずマスクの着用をお願いいたします。

【期 間】2021年2月1日(月)~2月28日(日)

◆パネル展示
・第1部 2/1(月)~2/14(日)
・第2部 2/15(月)~2/28(日)

◆映像上映 ※平日のみ
・第1部 10:00~12:00
・第2部 13:00~15:00
(上映時間30分×4回)

【会 場】はーとぴあ清水 1階ロビー

来場者アンケートにお答えいただいた方に粗品をプレゼントしています。


みなくる市民講座「あつまれ防災キッズ!~親子で一緒に!身近な物を活用した防災グッズ救急対応~」を開催しました

(12月20日(日)10:00~12:00 18名(小学生含む)参加)

 12月20日、小学生親子を対象にした防災講座を開催しました。特に「災害後」に焦点を合わせ、小学生親子がいざ災害が起きた時、どのような準備や心構えが必要になり、対応がとれるのか、「身近な物を活用した防災」をポイントに、座学と体験を通して考えました。

 

 講師を静岡市駿河区地域総務課地域防災係の石井氏に務めていただき、「震災を知る!」をテーマにした座学では、クイズを織り交ぜながら楽しく行っていただきました。

 実際に体を動かしての「毛布タンカづくり」と「ラップ止血」では、身近な毛布を使って、親子がお互いを運ぶことができるということ、力を合わせれば小学生でも大人を運ぶことができること、包帯がなくてもラップを使って応急手当てができることなどを体験しました。

 最後には簡単に作れる防災食づくりと、牛乳パックで作ったスプーンで実食しました。工夫をすることで災害時に役立つものが身近にあることを実感して頂きました。

 

 終了後アンケートでは、親子で参加できる防災講座という点が良かったことや、小学生のみなさんも楽しく参加ができたなどの声を頂きました。

 いつ災害が起こるかわかりません。親子でできる限りの準備と心構えをしておきたいですね。

 

 

(左)クイズ形式の「災害を知る!座学    (右)毛布を使って小学生が大人を助ける!

(左)抱える方法も一工夫すると楽に行える  (右)毛布タンカでタンカーができる

(左)大人と協力して小学生が活躍!     (右)ラップで止血!できるかな!

(左)身近なお菓子で簡単に作れる防災食づくり!


みなくる市民講座「わたしにもできるボランティア」を開催しました(11月27日㈮ 16名ご参加)

 

 ボランティアに関心がある方を対象に、ボランティア活動を始めるきっかけづくりとして、ボランティア講座を開催しました。

今回の講座では、「ボランティア概論」の講義と、ボランティア活動実践者4名から活動内容ややりがい等をご紹介いただき、また活動実践者を交えて感想や疑問等を話すフリートークタイムを設けました。

活動実践者の話から、様々な活動があることが分かり、自分らしく「できるときに」「できること」の可能性を感じてもらえたと思います。参加者からは、「活動実践者の話を聞き、勇気づけられた」「具体的な話が聞けて良かった」「今後の活動の参考になる。参加できて良かった」との声をもらいました。

希望された方には、受講後または後日、個別相談の時間も設け、個々のボランティア希望を丁寧にくみ取りました。これからも、ボランティアの輪が広がりますよう、支援していきます。

 

 ≪ご講話くださったボランティア活動実践者≫

 ・生活応援ボランティアするが 竹嶋 徹氏

 ・てのひら夕食づくりボランティア 大石 昭子氏

 ・宮竹地区社会福祉協議会 山本 文江氏

 ・静岡市ボランティア団体連絡協議会 小澤 順子 氏

                ありがとうございました\(^o^)/

 

ボランティア活動内容等を紹介 ↓

 先輩ボランティアを交えてフリータイム ↓


みなくる市民講座「パラスポーツ(ボッチャ)を一緒にやってみよう!」を開催しました

 

 NPO法人ひまわり事業団 生活介護事業所「それいゆ」(駿河区曲金5丁目)のご協力のもと、みなくるでボッチャ体験講座を行いました。

小学生・中学生が参加し、障がいのある方との混合チームで、一緒にチーム名や順番を決め、励まし合いながらボッチャを楽しみました。

ボッチャは、老若男女、障がいの有無に関わらず、すべての人が競い合えるスポーツのため、垣根などなく、みんなが一喜一憂しながらも真剣勝負!

参加者からは「楽しかった。他のパラスポーツもやってみたい」「一緒にボッチャができて、障がいのある方とのコミュニケーションの取り方などもわかった」、保護者の方からは「このような交流が記憶に残る。またお願いします」との声をもらいました。

障がいのある方とふれ合う機会を増やすことで、特性を知り、さらに交流を深めていくきっかけとなるように、今後も講座を実施していきます。

 

始める前にまずは自己紹介

ランプ(勾配具)を紹介

ボールの投げ方や力加減を工夫して


福祉のまつり2020開催中止について(関係機関・協力企業の皆様へ)

 例年9月に清水マリンパークイベント広場で開催しております「福祉のまつり」については、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中止することといたしました。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のために実行委員会を組織できないことから、準備会関係者で協議し、当日の感染防止及び万全な予防策が講じられないこと、ウイルス感染が拡大している中で準備会合を持てず、実施に向けた準備期間に猶予がないことからこのような決断に至りました。
 毎年、多大なご協力をいただいております関係機関・協力企業の皆様方には大変申し訳ありませんが、ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
 福祉のまつり2021開催の際には、是非ともご協力賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。

<問い合わせ先>
静岡市社会福祉協議会 清水区地域福祉推進センター
ボランティア・市民活動センター清水
住所:〒424‐0807 静岡市清水区宮代町1-1
電話:054-371-0290 / FAX:054-367-2825